北海道の礼文島でゴミ拾いしたら、超人気のウニ丼を「運良く」いただけた?

contents section

花の島、北海道は、礼文島(れぶんとう)に来ています♪3ヶ月前から予約したにもかかわらず、レンタカーはとれず。そして、宿もなかなか空いてない・・・。礼文島に来るには、半年前から予約をいれたほうがよさそうです。ということで、今日は公共交通機関のバスに乗って、礼文島を回ってきます♪

ところが、よーく調べると、レンタカーがなくても、レンタバイクという手がありました。なんとスクーターを借りて、礼文島を回る。こんな手もありますね♪外国の人が特に、このレンタバイクが大好きなんだとか。アジアの人は特に、バイクに慣れていますからね。今後は、次の手段ということで、レンタバイクも検討します♪気持ちいい北海道の礼文島の風を全身に浴びる原付ツーリングも素適ですね♪

礼文島には、稚内から船で2時間かけて来ました♪港から、宿まで楽しくゴミ拾いしながらゆっくり向かいます♪船の乗客で、一番私がスローペースです(笑)ゴミ拾いをすると、「我先に」と目的地に向かうよりも、プロセスをじっくり楽しめるようになります♪礼文島の教育委員会の前に、タバコが落ちていたので拾いました♪

教育委員会の前に、ゴミが落ちてていいんかい?

先日、たまたま山口県を旅していたら、山口市で天才漫談家の、ヨッシーに会いました(笑)本名は吉田なんとかさん(笑)東京都内に住んでいる人です。昔、沖縄のマジカルツアーに参加したときに、一緒になった男性です。一緒にいると、彼はダジャレばかり、飛ばします(笑)解釈を全て、ダジャレに変えて、自分も人も楽しませる♪素適な人生ですね♪全てを、笑いに変えられたら、そんな素適なことはないですね♪

そのヨッシーなら、きっとこの「いいんかい?」ダジャレを言っていたことでしょう(笑)怒ったり、あきれるなら、ダジャレや笑いに変えると、自分の世界を笑いで満たすことができます♪笑いは、軽い波動なので、人生が軽妙になりますね♪

礼文島の香深(かふか)の町をゴミ拾いをしていると、低木を発見。こんなに低い木なのに、松の木のように成っています。

「日本の北限に位置し、年間を通じて冷涼な気候である礼文島は、通常なら標高2000メートル級の高地で見かける植物を海抜0メートルで見ることができるという、きわめてユニークな生態系を持っています。しかも礼文島固有種を含めその数、300種類にのぼるというから驚きです。

春から秋にかけて、咲き競うように高山植物のワイルドフラワーが島中を埋め尽くすことから、別名「花の浮島」と呼ばれています。」

のだそうです。ゴミ拾いしながら、その片鱗を感じます♪北は礼文島、南は屋久島ですね♪高山植物を見るなら♪

コンビニの代わりに、素適な商店。ここで、私がコレクションしているブツを買いに来ました♪それが、ご当地ゴミ袋!礼文島の住民用のゴミ袋を買いに来ました♪

が、なんと、礼文島は、白か透明のゴミ袋で出せばいいんだそうです。全国津々浦々の、ゴミ袋を買っていますが、時々こんなゆるーい自治体もあります♪

ちなみに、スペインで知り合いになった、仙台市の元高校教師の男性からは、先日お葉書と、ご当地ゴミ袋をセットでいただきました♪私が、「仙台市のゴミ袋が欲しい♪」と言ったら、覚えてくれて本当に送ってくれました♪きっと、送料のほうが高かったでしょうね(笑)

吉川充秀が欲しい「ウィッシュリスト」に、「ご当地ゴミ袋」と入れておきます(笑)

3ヶ月前に、いろんなホテル、旅館に掛け合いましたが、予約できず、本日はれぶんしりさんで泊まります♪

れぶんしり (REBUNSHIRI) – Google マップ

素泊まりで、トイレもお風呂も共同の宿です。昭和の旅館です♪映画「男はつらいよ」に出てくるような、宿です♪こんな宿だと、ビジネスホテルと違って、人とのふれあいが増えます♪先ほど、珈琲を共用スペースで入れていたら、札幌から自家用車で来たお姉様と出会って、いろいろ聞きました♪

三泊も礼文島を満喫しているそうです。ハイキングにあちこち出かけたそうです。「スコトン岬と、桃岩に行った方がいい」と、アドバイスもいただきました♪その通りに本日、行ってきます♪

また、宿のご主人も、うにの相場の話、現地の人はウニは高すぎて買えないので、ウニ漁のお手伝いに言って、形の悪いウニやつぶれたウニをその場で漁師のように食べる話などなど、教えてもらいました♪

今年のウニは、なんとキロ36500円!昨日がちょうど初漁だったそうです。この価格だと、時価のウニ丼は、一杯1万円近くになるそうです・・・。超絶高級料理ですね、礼文のウニ丼。

ウニ丼の有名店、かふかさんが、宿の目の前だったので、夕方5時に、お腹は空いてないけど行ってきました♪

海鮮処 かふか – Google マップ

予約でいっぱいで入れないことも多い人気店。そして、観光協会の方に聞くと、ここは漁協が経営しているので新鮮なウニを安く出してくれるそう。

時価のウニ丼は、本日5500円です♪そして、お店も、バッチリ入れました♪ラッキー♪

「かふかさんの店の前をゴミ拾いしたおかげ♪」と、ゴミ拾いをする人は美しく誤解します(笑)私は、ニュートラルなので、淡々と起きた事実を受け入れます♪「お店に入れればいいし、入れなくてもいいし♪」そんな心境でいると、上機嫌ですね♪どちらでもいいわけですから。どちらに振れても上機嫌♪

「ゴミ拾いをしたのに、入れなかったじゃん!」と怒ることもありません。常々言っていますが、「ゴミ拾い」と「運」は、本来は何の関係ありません。「ゴミ拾いをすると運がよくなる」と信じ込んでいるから、「ゴミ拾い」と「運」が結びつくわけです。

私は、講演では、「ゴミ拾いをすると、運がよくなる」的な話をします。「運がよくなる」というメリットを伝えたほうが、人は話を聞いてくれます(笑)「ゴミ拾いをすると、上機嫌になる」よりも、「運がよくなる(お金が儲かる、いいことが起こる)」の話のほうが、食いつきがいいですからね(笑)

「吉川さんは、ウソを教えているのですか?」と突っ込まれそうですが、ウソではありません♪

「ゴミ拾いをしたら運がよくなる」と信じ込めたら、そういう現実になります。多くの人は、「ゴミ拾い」と「運」を結びつけて考えているので、そのように皆さんにウケがよいように、ただ講演家として伝えているだけです♪

宿のご主人から、飲み物のただ券をもらったので、活用させていただきました♪

5500円のウニ丼♪右側は、バフンウニ。左側はムラサキウニ。バフンウニのほうがクリーミーで濃厚。ムラサキウニは甘くてあっさりな感じかな。去年は、礼文島のおとなりの、ウニの名産地、利尻島が、ウニが不漁だったそうです。その影響で、ウニ丼が一杯10000円まで跳ね上がったそうな。

お店の人に聞いたら、「初漁の今日のウニは、昼は出さないで、夜から出してます。お客さんはラッキーですね。」とのこと♪初漁のキロ36500円のウニをいただきました♪大変美味でした♪

ついでに、ほっけのちゃんちゃん焼きも注文。800円。珍しい料理なのでいただきました♪こちらは一度食べれば、もういいかな(笑)

ちなみに、手が滑って、味噌汁を全部こぼしてしまいました(苦笑)面白いから、お店の人に、

ウニ丼に興奮して、お味噌汁をこぼしちゃいました」とお茶目に伝えました♪そしたら、忙しくても、「可愛いなあ」って思ってくれますね♪快く、お味噌汁のお代わりをいただけました♪ごちそうさまでした♪

お茶目に解釈すれば、お茶目な人生になります♪生真面目に解釈したら、生真面目な人生になります♪お茶目な人生は、軽いですね♪生真面目は重たいですね。どちらも素適です♪自分が好む波動領域を選べば、その波動領域をいつでも簡単に選ぶことができます♪これが「波動使い」ですね♪

レンタカーがなくて動けないので、旅館の部屋で、荷物を広げてお仕事してました♪帰りぎわには、バッチリキレイにして帰ります♪

さて、今日も楽しい一日になりそうです♪お天気も晴れているので♪観光地ゴミ拾いをしながら、素適な写真を撮ってきます♪

No Gomihiroi, No Life♪I love myself♪

↓ よかったら、「いいね」ボタンを押してくださいね♪コメントもお待ちしてます♪最近は100%返信してます♪ ↓

\ ゴミ拾い仙人をフォロー /

コメント

2 replies on “北海道の礼文島でゴミ拾いしたら、超人気のウニ丼を「運良く」いただけた?”

吉川充秀ゴミ拾い仙人 様

公式サイトの「自分が好む波動領域を選べば、その波動領域をいつでも簡単に選ぶことができます♪これが「波動使い」ですね♪」との意識を向けてくれる、「コトバ(提案)」に感謝です♪

意識して、「波動領域」を選んでいき、いつしか、「無意識」で、素適な上機嫌な波動領域の住人に成長していけるよう、ゴミニケーションをマスターしていきたいです♪

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です