大分県の由布院温泉の湯の坪街道でゴミ拾い♪行列の待ち時間も楽しく過ごせる趣味がゴミ拾い♪

contents section

ニュージーランドに来ています♪3時間の時差があります。「日の出ずる国」日本より3時間はやい、珍しい国です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2月22日のブログです。家族と大分空港で合流して、由布院に来ました♪由布院にゴミ拾いをしながら、数ヶ月前に一人で宿泊して、「由布院にきたら、子どもも妻も喜ぶだろうなあ♪」と妻に話をしたら、「行きたい」ということになり、妻と7歳の三女を私がガイドをすることになりました(笑)

日本全国、世界各国を旅して回りながら、家族旅行や社員旅行に適したポイントも実は探しています♪「与える人」、ギバーとして生きていると、「あの人が喜ぶだろうなあ」と思うことをついつい探してしまいます(笑)誰かに有益な情報を提供する、と考えると、誰かのお役にも立てて、自己表現にも磨きがかかりますね♪「お役立ち実感」と、自己表現力の成長と捉えられるかもしれませんね。

由布院の湯の坪街道を子どもと回ると、結局キャラクターグッズのお店や、猫カフェなど、子ども優先で行くことになります(笑)シナモロールが、今は三女のお気に入りなんだそうです。

一番の人気店、金賞コロッケ。並んでいる8割が外国人でした。ミーハーな妻は、並んで買います。私は並ぶのが苦手なので、一人なら買いません(苦笑)その間、湯の坪街道をゴミ拾いして楽しみます♪行列に並んで、「我先に」と考えるとエゴモードが発動されます(苦笑)すると、心が揺れます。「はやく自分の番がこい」「まさか自分の前で品切れになるのでは?」「横入りする人は許せない・・・」「3人も店員がいるんだから、もっとテキパキやれよ。」そんな気持ちになりがちですね(苦笑)

ゴミ拾いは、「お任せ」モードで生きる代表です。ゴミのあるほうにフラフラ行って拾います。ゴミがあってもいいし、なくてもいい。あればゴミ拾いを楽しみ、なければ景色や街並みを楽しむ♪この生き方はエゴが発動されません。ゴミ拾いをすると、心が穏やかでいられるのは、こういうロジックからです♪

湯布院金賞コロッケ – Google マップ

お味は・・・印象がないので、そういうことです(笑)

ゴミ拾いという趣味があると、時間の流れがのんびりになります♪行列に妻が並ぶのを待つ時間は、昔なら不機嫌の代名詞でしたが、今では、「一人で気ままに自由にゴミ拾いを楽しめる時間」に変化します。しかも、行列ができるくらいの場所は人が多いので、大抵ゴミが落ちています♪ゴミ拾いがはかどりますね♪

なんと、この日は、湯の坪街道でお買い物をして置き忘れた箸を拾ってしまいました(笑)私が当分の間、拝借することにしました♪「借りて、預かっている」のであって、「奪っている」わけではありません(笑)

似たような箸が2200円でした♪私は、人が使ったお下がりの箸を使うのが好きなので自分で買うことは有りません(笑)こんなお高級な箸を拾えてラッキー♪

ちなみに、あまりに細い箸だったので、この数日後に自宅で使っていたら、ポキッと歯でかじって折ってしまいました(苦笑)今は、長さがびっこの箸を使っています(笑)この箸を見るたびに、由布院の湯の坪街道のゴミ拾いを思い出します♪そんな「愛着」ある、捨てられない箸になりました♪

由布院ミルヒ – Google マップ

由布院のもう一人の行列の繁盛店で、デザートを購入♪三人で一つを食べます♪旅館の夕食が入らなくなるので、味見程度が一番ですね♪

こんな食べ物も、余り物を私がいつも最後にいただきます。これも、「お任せモード」ですね♪三女は、「いちごが食べたい!」とエゴモードです(笑)妻は栗の部分がだいすき。私は残ったカスの部分が大好物です♪こんな生き方をしていると、怒りも減りますね♪

お天気がいまいちで映えない金鱗湖でゴミ拾い(笑)

この日のゴミ拾いもはかどります♪由布院はゴミが多いから大好きです(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もうちょっと書こうと思ったら、ホテルのチェックアウトの時間なので、本日はここでおしまい(笑)今から、ニュージーランドの南島に、飛行機で向かいます♪

No Gomihiroi, No Life♪I love myself♪↓

 よかったら、「いいね」ボタン押してくださいね♪ ↓

\ ゴミ拾い仙人をフォロー /

コメント

3 replies on “大分県の由布院温泉の湯の坪街道でゴミ拾い♪行列の待ち時間も楽しく過ごせる趣味がゴミ拾い♪”

吉川充秀ゴミ拾い仙人の今回アップされた、公式サイトの文章中にある、「日本全国、世界各国を旅して回りながら、家族旅行や社員旅行に適したポイントも実は探しています♪「与える人」、ギバーとして生きていると、「あの人が喜ぶだろうなあ」と思うことをついつい探してしまいます(笑)誰かに有益な情報を提供する、と考えると、誰かのお役にも立てて、自己表現にも磨きがかかりますね♪「お役立ち実感」と、自己表現力の成長と捉えられるかもしれませんね。」は、吉川充秀ゴミ拾い仙人ならではの、ココロ遣いですね♪

(^-^)/@素適過ぎます。
是非、この心持ち「ギバー&ギバー」を真似ていき、少しずつでも、自分自身の「意識づけ」として、習慣化となるよう意識していきたいです♫

吉川充秀ゴミ拾い仙人、素適な「ギバー&ギバー」有難うございますございます♪

大変恐縮です。
それ以上に、ご機嫌を頂いております♪

有難うございます♫

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です