黒部峡谷鉄道で一人旅♪上機嫌ゴミ拾い観光です♪

contents section

長野の旅の最終日は、一人で黒部峡谷鉄道に♪立山黒部アルペンルートとは、別のルートです。ところが2024年には、黒部峡谷鉄道が黒部ダムまでつながるようですね♪

朝は富山駅からスタートです♪念願の線路ゴミ拾いです♪金網の外から線路を見て、東京や群馬で、「線路のゴミを拾いたいなあ」と思ってました♪富山では、路面電車が走っているので、それが叶っちゃいますね♪

線路のレールの間にちょこちょこと挟まっています。それを探して拾うのが宝探しのようで楽しいですね♪朝の6時半頃だと車両や通行人もまばらなので、なおゴミ拾いにはうってつけですね♪

富山駅で、新幹線の切符を買っていたら、昨日、同行した橋本佐奈江さんがすでに駅にいました。前日の旅のあとは、富山市内の「日本一美しいスタバ」に行っていたそうです♪ときめきますね♪佐奈江さんにお別れを告げて、私は電車を乗り継いで黒部峡谷鉄道のトロッコ電車に向かいます♪

乗り継ぎ駅で30分ほどの待ち時間が発生。待ち時間と言えばゴミ拾いです♪ゴミ拾いは、なんといっても、「ながら」「ついで」が続きます。それが一番「無理がない」かもしれませんね♪「ゴミ拾い、今からやるぞー」と気合いを入れてやるものでも、本来はないですね♪気合いを入れると「重たく」なりますね(苦笑)「ゴミを拾わねばならない」と義務感になります。それよりも、待ち時間に軽い気持ちで、「暇だからゴミ拾いでもしよっか♪」のほうが「軽く」なります♪上機嫌とは、軽いエネルギーのことでもあるので、重く物事を考えなくなるほど、上機嫌になっていきます♪

新黒部駅で、福井新幹線のシールを拾いました♪三女のお土産にしちゃおうと思ったら、カバンのなかでバリバリ剥がれて、結局ゴミになりました(苦笑)「このシールも拾ってきた」ことが、ばれると、妻からまた怒られるところでした(笑)

富山地方鉄道も無人駅がほとんどのようです。なので、線路にはいって、ゴミ拾いをすることも可能です♪素適ですね♪上の白いものは、ティッシュゴミです♪

終点の宇奈月温泉駅に到着♪ここから黒部峡谷鉄道のトロッコに乗ります♪

なんと噴水が温泉でした♪ここで、私の相棒のトングを洗うことに(笑)私ばかり温泉に入ってますからね(笑)トングさんから「気持ちいいよー」という声が聞こえたような気がします(笑)ゴミと普段接していると、「モノ」さんの気持ちが少しずつわかるようになるかもしれませんね♪

ハイキングや登山客で思った以上に、乗客がいます。15分ほど待つので、私はもちろん並ばずに、宇奈月温泉駅のゴミ拾いに♪イライラする待ち時間が、ゴミ拾いで上機嫌タイムになります♪

一見キレイそうに見えますが、吹きだまりにはゴミがたまっていました♪

途中で、タバコならぬチャバコの自動販売機を発見♪私の知りあいの会社の社長さんが仕掛けた自販機です。静岡県の川根本町発で、まさかトロッコ電車の駅の構内まで入るとは!さすがの営業力ですね♪

待ち時間をずっと立って待っていたら、こんな出会いもないですね♪「運とは、エネルギーの循環」と考えると、動き回るほうが「運が回る」ことがなんとなくわかります♪こんな自販機が経営のヒントになったりします♪

いよいよトロッコ電車に乗り込みます♪峡谷の風を全身に浴びるために、オープン車両に乗りました♪

俳優の室井滋さんの音声ガイドを聴きながら車窓の風景を見ては写真をパチパチ。室井滋さんの声、本当に聞きやすいですね♪やはり、プリマベーラの店舗の店内アナウンスも、声優さんにお願いしたほうが、聞き取れる確率が上がるなあと実感です♪こんなことも経営のヒントになります♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、今からフライトなので、続きはまたのちほど♪

No Gomihiroi, No Life♪I love myself♪

↓ よかったら、「いいね」ボタン押してくださいね♪ ↓

\ ゴミ拾い仙人をフォロー /

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

開催予定のイベント

  • 【第52回】ゴミ拾い仙人吉川充秀とのゴミュニケーション(ゴミ拾い)in東京都

  • 【第51回】ゴミ拾い仙人吉川充秀とのゴミュニケーション(ゴミ拾い)in宮城県